Web Storageについて

Web Storageとは?

ユーザーのローカル環境(ブラウザ)にデータを保存するための仕組みのことで、HTML5から登場しました。
sessionStorageとlocalStorageの2種類のストレージがあり、目的に応じて使い分けます。
▼Web Storageの対応ブラウザ

  • Internet Explorer:8以降
  • Firefox:3.6以降
  • Chrome:8以降
  • Safari:5以降
  • Opera:11以降

sessionStorageとlocalStorageの違い

  • sessionStorage…ウィンドウやタブを閉じるまで有効
  • localStorage…永続的に有効

Web Storageでできること

データの保存・保存したデータの取得・指定キーの値削除・全クリア

▼例文

//変数storageにlocalStorageを格納
var storage = localStorage;

//testというkeyの値を取得する
storage.getItem('test');

//testというkeyの値を削除する
storage.removeItem('test');

//ストレージに保存されているデータをすべてクリアする
storage.clear();

なお、「var storage = localStorage;」の部分を「var storage = sessionStorage;」に変えれば sessionStorageとしてデータが保存されます。

Web Storageを使用する時の注意点

これに関しては、こちらのサイトに詳しい記載がありました。
▼Web Storage (localStorage, sessionStorage) を使用する時の注意点
https://riotz.works/articles/lopburny/2019/09/13/notes-when-using-web-storage/

まとめ

んー、書きながらもさっぱりわからない(;´Д`)
もし間違っている箇所があれば、私のTwitterまでお願いします。

おすすめの記事