【短編小説】とある人魚の憂鬱

棚引く雲に凪ぐ海。

日も高く登ろうかという時刻に

一匹の人魚が砂浜にやってきていた。

「はぁ・・・。」

深くため息をつくと、虹色の髪をかき上げる。

人魚には憂鬱なことがあった。

それは近々迫っている誕生日のこと。

人魚の世界には18歳になったら世界中の海を周る、という習慣があった。

しかし人魚が暮らす海なんてものはどこも暗くて冷たいのだ。

せいぜい先輩人魚から人魚のしきたりについて

嫌という程、説明を聞かされるだけだろう。

人魚には夢があった。

それは地上を旅すること。

沈没船の絵で見た、限りなく多様性に富んだ世界。

海と同じくらい、広くて、そして高い。

考えれば考える程、自分のいる世界が灰色がかったように感じる。

「もし私が人間だったなら・・・。」

太陽が雲で影る。

髪から滴り落ちる水滴が冷たく感じるようになってきた。

人間に見つかる前に、早く海の底へ戻らなければ。

そうして人魚は帰って行った。

おすすめの記事