MAO

MAO(マオ)感想・考察【第93話】生死の選択

※ご注意!!このブログにはネタバレを含みます。

 

週刊少年サンデー2021年25号

アオリ文:暗殺者 蓮次の凶行を止めろ!

(MAO第93話 蓮次)感想・考察

はい、今回は蓮次VS摩緒&百火の戦闘回です!!
火の術者同士の戦いは、火力が上の方が勝つとのこと。
百火の火力は蓮次より強いようです。
でもやはり、不知火の横槍というか
蓮次は不知火からもらった道具で百火の術を封じてしまいます。

ここで摩緒が入れ替わり、刀を振るいます。
刀を振るう摩緒、かっこいいです!!✧٩(ˊωˋ*)و✧
んで、摩緒は蓮次の武器である月琴を切ろうとしますが
蓮次が月琴を庇ったために、勢いで蓮次の腕を切ってしまいます(うわああああああ!)
蓮次かわいそうだし痛そう(T_T)
そしてまた、不知火の横槍というか
不知火の式神が術を使い、無理やり戦闘を終わらせて蓮次共々逃げます。

逃げ帰った蓮次は不知火に命の選択を迫られることに・・・
というか、摩緒の刀に触れた者は摩緒と菜花以外、即死なんじゃなかったですっけ???
その辺の記憶というか、設定がよくわからないのですが。
(ちなみに、不知火の式神の名前は「蛟(みずち)」だということが判明しました。)
そして延命の庭と呼ばれる場所には、何かおどろおどろしい実が生っていて・・・。

今回、菜花は出てきませんでした。
他にも、白眉や双馬やかがりや幽羅子さまはどうしているんでしょうね。
あ、夏野も。

また次回も楽しみです!!

 

▼MAOの公式ページはこちら

サンデー/MAO(高橋留美子)

おすすめの記事