MAO

MAO(マオ)感想・考察【第76話】獣を斬る

※ご注意!!このブログにはネタバレを含みます。

 

週刊少年サンデー2021年7号

アオリ文:菜花、覚醒の時ー

 

(MAO第76話 獣を斬る)感想・考察

今回は菜花が双馬と戦う回でしたー!٩(ˊᗜˋ*)و

なぜか最初は素手で双馬と戦おうとする菜花。(ちょっと面白かったです)
破軍星の太刀を取ろうとする菜花を操られた摩緒が邪魔します。
この時点で摩緒は完全に我を忘れている様子。
白眉なんかに操られて菜花を忘れちゃダメー><!と思いました。
そんなにあの針って摩緒にとって有効なのでしょうか。(痛そう)

余談ですが、摩緒の前足は人間の手みたいになってますが、後ろ足は猫みたいになってますね。

どさくさに紛れて百火も白眉を攻撃し、現場は混戦状態?
そんな中でも、菜花は双馬に狙いを定めて刀を振ります。
しかし慣れていないせいか、なかなか上手く行かない様子。
双馬も双馬で、獣を操り慣れていない様子。
最後に白眉が撤退しようとするところで終わります。

菜花・双馬共に戦い慣れしてない描写があったせいか、いまいち迫力に欠ける回でしたが
菜花の闘志だけは伝わりましたー!!

また次回も楽しみです!!

 

▼MAOの公式ページはこちら

サンデー/MAO(高橋留美子)

おすすめの記事