MAO

MAO(マオ)感想・考察【第71話】通り魔

※ご注意!!このブログにはネタバレを含みます。

 

週刊少年サンデー2020年52号

アオリ文:新章開幕。2人のもとにー新たな事件が!!

 

(MAO第71話 通り魔)感想・考察

前回のほのぼのとした空気とは一転、新章開幕で不穏な空気が漂います><
今回は加神という少年が登場します。
加神家には何か代々伝わる秘密がある様子。
少年の兄は獣に体を乗っ取られているみたいです。
摩緒はその獣を斬りますが、その時の邪気がゆら子の邪気に似ている・・・と描かれていました。
ということは、その獣はゆら子に関係がある可能性が高いということですね!
代々伝わる秘密、ということはゆら子がこの900年、何をしてきたのかがわかりそうです。

事件現場を調べている摩緒から、そばを離れないようにと言われ嬉しく思う菜花が可愛かった(*´д`*)
でも摩緒は相変わらず菜花を鍛えるつもりで言っていたみたいですが・・・。
二人のすれ違い?のやりとりも面白いです^^

また次回も楽しみです!!

 

▼MAOの公式ページはこちら

サンデー/MAO(高橋留美子)

おすすめの記事